宴もたけなわ。三味線や太鼓の早いテンポと共に六調が始まる。

あまみ六調

かめ仕込み・常圧蒸留という伝統的な造りにこだわった黒糖焼酎「あまみ六調」には、自然豊かな奄美大島の風味と永く積み上げてきた歴史への想いがあります。

奄美大島開運酒造 奄美伝承蔵は、1953年(昭和28年)奄美大島が本土復帰から約60年続いた前身の蔵の伝統的な甕仕込み・常圧蒸留等のこだわりの製法を継承し、長期にわたり貯蔵された酒質にも五感を傾けながら、昔ながらの唄や踊りの文化が継承されている温暖な南国・奄美大島の風土で育まれる黒糖焼酎造りを探究しています。

〔銘柄の由来〕
奄美の祝宴には、奄美地方だけに製造が認められている黒糖焼酎と、祝宴の終わりを飾る行事として三味線(さんしん)や太鼓(ちぢん)に合わせて六調を踊るという文化があります。 「あまみ六調」は、奄美の文化が後世に伝わることに願いを込めた名称です。

〔六調シリーズの特徴〕
かめ仕込み・常圧蒸留という伝統的なつくりにこだわりながら、その伝統を継承した若い蔵人のエネルギーと感性が注入された新たな香味も実現させ、温故知新の想いを込めた長期熟成酒の黒糖焼酎。 ラベルには、鶴や亀など「めでたい」事柄をピクト化し、奄美の祭りやお祝事では、欠かせない焼酎を目指しております。

〔あまみ六調・黒ラベル・30度〕
お湯割り:甘くふくよかな香りを引き立たせるまろやかな味わいオンザロック:深みのある味わいから柔らかくキレのある味わいまで楽しめます
〔あまみ六調・白ラベル・20度〕
オンザロックまたは水割り黒糖の香りとやさしい味わいがベストバランスで、次の杯が進む新ジャンルの黒糖酒

宴もたけなわ。三味線や太鼓の早いテンポと共に六調が始まる。

六調

かめ仕込み・常圧蒸留という伝統的な造りにこだわった黒糖焼酎「あまみ六調」には、自然豊かな奄美大島の風味と永く積み上げてきた歴史への想いがあります。

奄美大島開運酒造 奄美伝承蔵は、1953年(昭和28年)奄美大島が本土復帰から約60年続いた前身の蔵の伝統的な甕仕込み・常圧蒸留等のこだわりの製法を継承し、長期にわたり貯蔵された酒質にも五感を傾けながら、昔ながらの唄や踊りの文化が継承されている温暖な南国・奄美大島の風土で育まれる黒糖焼酎造りを探究しています。

〔銘柄の由来〕
奄美の祝宴には、奄美地方だけに製造が認められている黒糖焼酎と、祝宴の終わりを飾る行事として三味線(さんしん)や太鼓(ちぢん)に合わせて六調を踊るという文化があります。 「あまみ六調」は、奄美の文化が後世に伝わることに願いを込めた名称です。

〔六調シリーズの特徴〕
かめ仕込み・常圧蒸留という伝統的なつくりにこだわりながら、その伝統を継承した若い蔵人のエネルギーと感性が注入された新たな香味も実現させ、温故知新の想いを込めた長期熟成酒の黒糖焼酎。 ラベルには、鶴や亀など「めでたい」事柄をピクト化し、奄美の祭りやお祝事では、欠かせない焼酎を目指しております。

〔あまみ六調・黒ラベル・30度〕
お湯割り:甘くふくよかな香りを引き立たせるまろやかな味わいオンザロック:深みのある味わいから柔らかくキレのある味わいまで楽しめます
〔あまみ六調・白ラベル・20度〕
オンザロックまたは水割り黒糖の香りとやさしい味わいがベストバランスで、次の杯が進む新ジャンルの黒糖酒