奄美大島開運酒造の原点

奄美大島開運酒造の思い

奄美群島の零峰と呼ばれる湯湾岳の麓の宇検村で生まれ育った創業者が、過疎が進む故郷に産業を興して村に携わる人を増やしたいという思いを描いたのが当社の始まりです。
それは「地域資源を活かした安全良質な農産物」、「地域文化を踏まえた食品・食材の開発」、「大自然の中で生きるという養生法」、これらを兼ね備えた「食と養生の郷」という構想でした。
思い続けていると必ず機会は訪れます。小さな酒造会社の売却という話が舞い込んできました。宇検村には、酒造りの生命線とも言うべき最高の水がある、この大自然の中で酒造りを始めようとして生まれたのが奄美大島開運酒造です。 1996 年のことでした。「地域文化を踏まえた食品の開発」の一つ焼酎造りがスタートしました。

奄美大島開運酒造の思い

奄美群島の零峰と呼ばれる湯湾岳の麓の宇検村で生まれ育った創業者が、過疎が進む故郷に産業を興して村に携わる人を増やしたいという思いを描いたのが当社の始まりです。
それは「地域資源を活かした安全良質な農産物」、「地域文化を踏まえた食品・食材の開発」、「大自然の中で生きるという養生法」、これらを兼ね備えた「食と養生の郷」という構想でした。
思い続けていると必ず機会は訪れます。小さな酒造会社の売却という話が舞い込んできました。宇検村には、酒造りの生命線とも言うべき最高の水がある、この大自然の中で酒造りを始めようとして生まれたのが奄美大島開運酒造です。 1996 年のことでした。「地域文化を踏まえた食品の開発」の一つ焼酎造りがスタートしました。

奄美大島開運酒造の思い

奄美黒糖焼酎れんとの誕生

奄美群島にある黒糖焼酎の蔵は25。
そして私達は最後発の最小の蔵としてスタートしました。素人集団であったため、製品開発、製造、販売の全てにおいて迷走していました。
しかし挑戦する心に官民から多くの支援を頂き、思いに共感してくれる若者も多数会社に参加してくれ、徐々に品質の向上や販路の拡大が進んでいきました。画期的な黒糖焼酎と呼ばれた<れんと>もこの流れの中で誕生したのです。
空前の焼酎ブームもあり全国から非常に高い値段で取引のお申し出を頂くこともありましたが、島内の焼酎が全国に買い上げられ枯渇していくのを見て、当該の皆様には本当に申し訳なかったのですが、私達はあえて島外への販売を規制し島内への貢献に集中致しました。決して金儲けではなく当社の黒糖焼酎を飲み、日々楽しく元気に過ごして頂きたい!という元来持っていた願いを貫くことを選択したのです。そして奄美大島の人々からたくさんのご寵愛を頂きました。島内販売に拘るこの取り組みは全国各地での様々な販売機会は逸しましたが、なんら後悔はしていません。

奄美黒糖焼酎れんとの誕生

奄美群島にある黒糖焼酎の蔵は25。
そして私達は最後発の最小の蔵としてスタートしました。素人集団であったため、製品開発、製造、販売の全てにおいて迷走していました。
しかし挑戦する心に官民から多くの支援を頂き、思いに共感してくれる若者も多数会社に参加してくれ、徐々に品質の向上や販路の拡大が進んでいきました。画期的な黒糖焼酎と呼ばれた<れんと>もこの流れの中で誕生したのです。
空前の焼酎ブームもあり全国から非常に高い値段で取引のお申し出を頂くこともありましたが、島内の焼酎が全国に買い上げられ枯渇していくのを見て、当該の皆様には本当に申し訳なかったのですが、私達はあえて島外への販売を規制し島内への貢献に集中致しました。決して金儲けではなく当社の黒糖焼酎を飲み、日々楽しく元気に過ごして頂きたい!という元来持っていた願いを貫くことを選択したのです。そして奄美大島の人々からたくさんのご寵愛を頂きました。島内販売に拘るこの取り組みは全国各地での様々な販売機会は逸しましたが、なんら後悔はしていません。

奄美黒糖焼酎れんとの誕生

世界へ羽ばたく

焼酎ブームが落着いた後も、島内の厚い支持と島外からの本当に多くのご要望を駆動力に確実に歩みの速度は速めています。現在最後発であった当社は、皆様のご評価とご愛飲のお陰で、黒糖焼酎での販売量でNo.1 となりました。多くの酒類が販売量の前年比を割り続ける中、有り難いことに当社は堅実な成長を続けています。海外への進出も順調で、各国での飲食習慣の壁と戦いつつも現在アメリカ、中国、東南アジアと販路を拡大中です。2019年3月には在コロンビア日本大使館が主催する政財界の有力者達を集めた修交110年記念晩餐会で<れんと>が紹介され、高い評価も得ました。「食と養生の郷」という構想からの挑戦の一つがまさに世界に羽ばたいているのです。
宇検村という小さな村の活性化を願った思いは今も変わらずに、様々な形で具現化を進めています。
現在「開運の郷」として本当に多くの来訪者を得て、周囲の大自然を満喫し、焼酎そして地域の特性を活かした食材を楽しんで頂いています。今後も原点の思いを時代の変化に合わせつつも、この地で焼酎を造り、食の可能性を広げてまいります。

世界へ羽ばたく

焼酎ブームが落着いた後も、島内の厚い支持と島外からの本当に多くのご要望を駆動力に確実に歩みの速度は速めています。現在最後発であった当社は、皆様のご評価とご愛飲のお陰で、黒糖焼酎での販売量でNo.1 となりました。多くの酒類が販売量の前年比を割り続ける中、有り難いことに当社は堅実な成長を続けています。海外への進出も順調で、各国での飲食習慣の壁と戦いつつも現在アメリカ、中国、東南アジアと販路を拡大中です。2019年3月には在コロンビア日本大使館が主催する政財界の有力者達を集めた修交110年記念晩餐会で<れんと>が紹介され、高い評価も得ました。「食と養生の郷」という構想からの挑戦の一つがまさに世界に羽ばたいているのです。
宇検村という小さな村の活性化を願った思いは今も変わらずに、様々な形で具現化を進めています。
現在「開運の郷」として本当に多くの来訪者を得て、周囲の大自然を満喫し、焼酎そして地域の特性を活かした食材を楽しんで頂いています。今後も原点の思いを時代の変化に合わせつつも、この地で焼酎を造り、食の可能性を広げてまいります。

世界へ羽ばたく

世界自然遺産の底力

「奄美・琉球」エリアの山を中心とした自然が、世界自然遺産登録間近となっています。ここは貴重な自然の景観や地形、そこに生息する稀少な動植物や独自の生態系が残っている素晴らしい環境です。現代社会が生み出す汚染もなく、太古の時代からの生命の源泉がそのまま残っているのです。森には特別天然記念物のアマミノクロウサギやルリカケスが、川には奄美大島だけに生息するリュウキュウアユが見ることも出来る自然溢れる聖域なのです。
この素晴らしい自然の中でも原始の森を思わせる景観を作り出しているのが湯湾岳です。山頂には奄美の創世神「阿麻弥姑(あまみこ)」と「志礼仁久(しれにく)」の二神が祭られ零峰と言われています。
この湯湾岳こそが私達の心の拠り所であり、深い森林から溢れ出る汚れない空気と温暖な気候や湿度が私達の黒糖焼酎造りの「源」となっています。また湯湾岳は、極限まで清らかで決して涸れることのない豊富な水を私達に恵んでくれています。この水は、弱アルカリ性で、口に含めば柔らかくほのかな甘みが広がる、正に神の恵みの滴と言えます。この素晴らしい環境を徹底的に守り、活かし、ここで造った黒糖焼酎を皆様にお届けしていく。それこそが私達の天職なのです。

世界自然遺産の底力

「奄美・琉球」エリアの山を中心とした自然が、世界自然遺産登録間近となっています。ここは貴重な自然の景観や地形、そこに生息する稀少な動植物や独自の生態系が残っている素晴らしい環境です。現代社会が生み出す汚染もなく、太古の時代からの生命の源泉がそのまま残っているのです。森には特別天然記念物のアマミノクロウサギやルリカケスが、川には奄美大島だけに生息するリュウキュウアユが見ることも出来る自然溢れる聖域なのです。
この素晴らしい自然の中でも原始の森を思わせる景観を作り出しているのが湯湾岳です。山頂には奄美の創世神「阿麻弥姑(あまみこ)」と「志礼仁久(しれにく)」の二神が祭られ零峰と言われています。
この湯湾岳こそが私達の心の拠り所であり、深い森林から溢れ出る汚れない空気と温暖な気候や湿度が私達の黒糖焼酎造りの「源」となっています。また湯湾岳は、極限まで清らかで決して涸れることのない豊富な水を私達に恵んでくれています。この水は、弱アルカリ性で、口に含めば柔らかくほのかな甘みが広がる、正に神の恵みの滴と言えます。この素晴らしい環境を徹底的に守り、活かし、ここで造った黒糖焼酎を皆様にお届けしていく。それこそが私達の天職なのです。

世界自然遺産の底力

黒糖焼酎製造に全力を注ぎ続けるスタッフ

現在奄美大島開運酒造の宇検村工場では、創業時のメンバーから昨年から加わったメンバーまで総勢59名が連携をとりながら、切れ間なく黒糖焼酎造りに全力を注いでいます。
誰もが奄美大島を愛し、宇検村を信じ、湯湾岳に感謝し、黒糖焼酎づくりを誇りに思っている仲間です。
ここで造り、熟成させ、送り出す黒糖焼酎は私達の子供であり、仲間です。
飲んで頂ける皆様の期待を絶対裏切らないように、日々あらゆる挑戦を続けています。

黒糖焼酎製造に全力を注ぎ続けるスタッフ

現在奄美大島開運酒造の宇検村工場では、創業時のメンバーから昨年から加わったメンバーまで総勢**人が連携をとりながら、切れ間なく黒糖焼酎造りに全力を注いでいます。
誰もが奄美大島を愛し、宇検村を信じ、湯湾岳に感謝し、黒糖焼酎づくりを誇りに思っている仲間です。
ここで造り、熟成させ、送り出す黒糖焼酎は私達の子供であり、仲間です。
飲んで頂ける皆様の期待を絶対裏切らないように、日々あらゆる挑戦を続けています。

黒糖焼酎製造に全力を注ぎ続けるスタッフ

宇検村

宇検村は奄美大島南西部の焼内湾に面し、村域の90%以上が山地という自然に溢れています。海抜694mの標高を持つ湯湾岳の頂からは、太平洋と東シナ海に浮かぶ島々が望まれます。山は主として島の東西を走る連峰で焼内湾を囲み、冬季に北方から吹き込む寒風をさえぎり、気温は平均20.3 度と、宇検村特有の温暖な気候を作り出しています。平地では真冬でも霜を見ないので温帯植物はもちろん、熱帯植物もよく生育しています。
平成31年3月末の人口は1711名の小さな村です。しかし過ごしやすいことから、プロ野球選手や日本女子バレー代表選手、引退前は卓球の福原愛さんもトレーニングの地に選んでくれています。

宇検村

宇検村は奄美大島南西部の焼内湾に面し、村域の90%以上が山地という自然に溢れています。海抜694mの標高を持つ湯湾岳の頂からは、太平洋と東シナ海に浮かぶ島々が望まれます。山は主として島の東西を走る連峰で焼内湾を囲み、冬季に北方から吹き込む寒風をさえぎり、気温は平均20.3 度と、宇検村特有の温暖な気候を作り出しています。平地では真冬でも霜を見ないので温帯植物はもちろん、熱帯植物もよく生育しています。
平成31年3月末の人口は1711名の小さな村です。しかし過ごしやすいことから、プロ野球選手や日本女子バレー代表選手、引退前は卓球の福原愛さんもトレーニングの地に選んでくれています。

宇検村

宇検村工場見学

工場見学では奄美黒糖焼酎「れんと」の製造工程をご案内致しております。
当社の「れんと」は、貯蔵タンクに取り付けたスピーカーから約3カ月、交響曲などクラッシック音楽を流す『音響熟成』というゆっくり焼酎を熟成させることが特徴の一つと言えます。皆さんも是非タンクに触れ、その音響を体感してみてください。工場見学後はショールームで、焼酎の試飲体験をお楽しみください。
※お車でお越しのドライバーの方は、酒類のご試飲はできませんので予めご了承ください。
また時期は限られますが、1月から3月の黒糖製糖シーズンには、サトウキビ刈り体験やキビジュースの試飲、黒糖の試食もお楽しみいただけます。􀀀売店には、当社自慢の黒糖焼酎、化粧品や食品、雑貨を始め、ここだけでしか手に入れられないアイテムも多数揃えてありますので是非ご覧頂きたいと思います。
*詳しい内容については、スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

◆見学時間
(平日)9:00 ~ 16:00 ※12:00 ~ 13:00 を除く
(日・祝)事前にお問い合わせ下さい。
◆お問い合せ先   
(工場)TEL 0997-67-2753 FAX 0997-67-2388
(予約専用ダイヤル)TEL 080-8557-4497

宇検村工場見学

工場見学では奄美黒糖焼酎「れんと」の製造工程をご案内致しております。
当社の「れんと」は、貯蔵タンクに取り付けたスピーカーから約3カ月、交響曲などクラッシック音楽を流す『音響熟成』というゆっくり焼酎を熟成させることが特徴の一つと言えます。皆さんも是非タンクに触れ、その音響を体感してみてください。工場見学後はショールームで、焼酎の試飲体験をお楽しみください。
※お車でお越しのドライバーの方は、酒類のご試飲はできませんので予めご了承ください。
また時期は限られますが、1月から3月の黒糖製糖シーズンには、サトウキビ刈り体験やキビジュースの試飲、黒糖の試食もお楽しみいただけます。􀀀売店には、当社自慢の黒糖焼酎、化粧品や食品、雑貨を始め、ここだけでしか手に入れられないアイテムも多数揃えてありますので是非ご覧頂きたいと思います。
*詳しい内容については、スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

◆見学時間
(平日)9:00 ~ 16:00 ※12:00 ~ 13:00 を除く
(日・祝)事前にお問い合わせ下さい。
◆お問い合せ先   
(工場)TEL 0997-67-2753 FAX 0997-67-2388
(予約専用ダイヤル)TEL 080-8557-4497

宇検村工場見学